このページの先頭です
このページの本文へ移動
ホームへ

情報連携に不可欠な基本情報やツールを提供するサイトです

サイトメニューここまで

本文ここから

「つながるデータで築く未来」イベント開催のご案内
2017年6月29日(木) 12:45~16:50

※本イベントは終了いたしました。たくさんのご参加ありがとうございました。
  講演資料は、順次公開していきます。

※説明会の講演映像をYouTube「IPA Channel」外部リンク(*1)にて公開しました。

趣旨

 5月30日に「世界最先端IT国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」の閣議決定がなされました。そこでも指摘されているように、データの利活用は今後の社会を支える重要な基盤となります。そして、その実現には、相互運用性が高い「つながるデータ」を如何にして構築するかが重要な鍵となります。本イベントでは、「つながるデータ」への期待や課題、そこへ向けた取り組みなどについて講演とパネルディスカッションを通して紹介します。

ゴイラくん

プログラム概要

共催 経済産業省
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
開催日時 2017年6月29日(木)12:45-16:50(12:00受付開始)
※本イベント終了後にデータ連係のための技術に関する実践的セミナー (17:00~19:00)を予定しています。
詳しくは「共通語彙基盤活用実践セミナー」をご覧ください。
開催場所 経済産業省 本館地下2階 講堂
東京都千代田区霞が関1-3-1
(東京メトロ霞が関駅 A12a出口)
最寄駅から会場までの地図外部リンク
参加費 無料
受付人数 250名
参加方法 定員に達しましたのでお申込みの受付は終了しました。

当日は、名刺を2枚ご持参のうえ受付へご提供ください。
※受付完了後、受付番号が発行されますので画面をプリントアウトし、当日お持ちください。受付番号のご呈示が無い場合、番号をお持ちの方の受付が終わった後の受付とさせていただきます。あらかじめご了承ください。
プログラム
時間 講演概要 講演者(敬称略)
12:45
|
15:00
開会挨拶 経済産業大臣政務官 井原 巧 講演映像1
外部リンク

(約4分)
情報処理推進機構 理事長 富田 達夫 講演映像2
外部リンク

(約5分)
キーノート「つながるデータで築く未来」 東京大学大学院 情報学環
教授 越塚 登
講演資料(pdf 14MB)
講演「つながるデータに必要な基盤とは」 政府CIO上席補佐官
経済産業省CIO補佐官
平本 健二
講演資料(pdf 2.4MB)
講演映像4
外部リンク

(約40分)
講演「つながるデータの利活用」 日本電気株式会社
ビジネスイノベーション統括ユニット主席主幹 兼 データ流通戦略室長
若目田 光生
講演資料(pdf 10.5MB)
講演映像5
外部リンク

(約41分)
休憩
15:15
|
16:50
パネルディスカッション「つながるデータ活用の重要性、期待、課題について」 モデレータ:
  • 一般財団法人 日本情報経済社会推進協会
    (JIPDEC)常務理事 坂下 哲也
    講演資料(pdf 1.3MB)
パネリスト:順不同
  • 株式会社ウェルモ 代表取締役CEO
    鹿野 佑介
  • ベッコフオートメーション株式会社 代表取締役社長
    川野 俊充
  • 株式会社ゼンリンデータコム 経営企画本部事業企画部シニアリーダー
    金城 陽平
  • 埼玉県 企画財政部情報システム課
    森田 康二朗
    講演資料(pdf 0.6MB)
  • 日本電気株式会社 ビジネスイノベーション統括ユニット
    若目田 光生
講演映像6
外部リンク

(約93分)

イベント当日の入館・受付について

入館・受付について
  • 地下講堂へ直接入出する階段をご利用ください(正面玄関内での通常の入館手続きは不要です)
  • 経済産業省本館前の正門から入り、正面玄関前を右方向へ進むと地下への階段があります。そちらを降りていただくと、地下2階講堂前のロビーに出ます。
  • 地下2階講堂前ロビー内に専用の受付デスクを開設します。
  • 専用デスクの開設時間は12:00~18:00となります。
  • 受付にあたり、「参加申込のページ」でお申込完了後に発行されました受付番号と名刺2枚をご用意ください。
  • 名刺のご用意の無い場合は受付にある用紙に必要事項をご記入ください。
  • 受付番号のご呈示が無い場合、番号をお持ちの方の受付が終わった後の受付とさせていただきます。あらかじめご了承ください。

※ 階段のご利用が困難な方は、正面玄関前に待機している係員までお知らせください。

入管案内地図
本イベント終了後引き続き「共通語彙基盤活用実践セミナー」にご参加の皆様の受付について
  • 「実践セミナー」へも参加お申し込みがお済のかたは、引き続きご参加いただけます。

脚注

イベント

本文ここまで