IMIとは

IMI(Infrastructure for Multilayer Interoperability:情報共有基盤)は、経済構造革新への基盤づくりの一環で、データに用いる文字や用語を共通化し、情報の共有や活用を円滑に行うための基盤です。共通語彙基盤と文字情報基盤により、行政サービスの相互運用性(Interoperability) 向上を図っています。

1. 2つの事業

IMI情報共有基盤事業は、現在「共通語彙基盤」と「文字情報基盤」の2つの基盤の整備と普及推進に取り組んでいます。いずれも、国・地方公共団体、企業等が保有・公開するデータの標準化を通じて、データの作成、流通、交換を容易にし促進するための基盤です。

IMI情報共有基盤の取組み

IMI情報共有基盤は、共通語彙基盤と文字情報基盤で構成されます。

2. 国の取組みにおける位置づけ

「未来投資戦略2018 ─ 「Society 5.0」「データ駆動型社会」への変革 ─ 」(2018年6月15日閣議決定)外部リンクに掲げられた戦略に基づき、「経済構造革新への基盤づくり」に資することを目指しています。

同閣議決定では、「データ駆動型社会の共通インフラ」として「行政機関や企業などの民間機関の間で散在するデータを全て連携することを目指し、データ標準や共通語彙基盤(IMI) を用いた横断的なデータ活用基盤」を整備することとしています。

<データ連携活用基盤の構築>
(未来投資戦略2018 概要(全体版)(PDF4MB)外部リンク(内閣官房日本経済再生総合事務局)より)

未来投資戦略2018では、データ連携活用基盤の構築のため、データ標準・共通語彙基盤等の横断的な基盤整備を行うこととしている

また、「統合イノベーション計画(2018年6月15日閣議決定)外部リンク」では、「CSTI及びIT総合戦略本部が司令塔として、関係府省庁、民間協議会等との連携の下、SIP等を活用して、3年以内に分野間データ連携基盤を整備し、5年以内を目指して本格稼働させる。」としています。

3. 推進体制

IMI情報共有基盤は、経済産業省が設置しIPAが事務局を担当する「情報共有基盤推進委員会」のもとで具体的な検討を進めています。産官学の有識者を交えてIMI情報共有基盤やデータベース、利活用のためのツール、普及推進活動などについて検討を行っています。

検討結果や関連情報は、当サイト等で公開してい政府の各関係会議体へ報告を行っています。

IMI推進体制
経済産業省が設置しIPAが事務局を担当する「情報共有基盤推進委員会」のもとで具体的な検討を推進

4. IMI共通語彙基盤の策定及び管理

IMI情報共有基盤のうち、共通語彙基盤の検討体制及び検討の範囲、手順を定義し、ワーキングドラフトとして公開しています(2018年3月26日版)。

IMI共通語彙基盤の策定及び管理手続き WD20180326(PDF:1,238KB)